少年部の紹介

大道塾 空道とは | 大阪南支部の紹介 | 師範代紹介 | 一般部の紹介 | 少年部の紹介 | 稽古スケジュール | 稽古場所 | 入門案内 | 問い合わせ

いじめない、いじめられない、強い子に!!


少年部は5歳から小学6年生までを対象としたクラスです。
中学生からは、一般部での稽古となります。

大道塾では空道を単なる格闘技としてではなく社会体育として日々稽古に
精進しています。
近視眼的に試合での結果のみを追い求めるような稽古をいたしません。

このため、少年部では試合のための稽古は行ないません。
空道を通しての人間教育を目指します。

【人と交わる力】
道場で挨拶したり、気合を入れることで大きな声を出すことになれ、言語的なコミニケーション能力が身につきます。
また、お互いが体をぶつけ合うことで身体的なコミュニケーション能力を身につけることができます。

格闘技を通じて擬似的な極限状態をつくり自分の感情をコントロールする力を身につけることができます。

【努力と達成感】
稽古はも見るとするでは大きく違います。
突きひとつ、蹴りひとつでも、なかなか簡単に身につきません。
ひとつづつ丹念に稽古することで努力することの大事さと達成感を得ることができます。

【体力、バランス感覚】
もちろん稽古を行うことで体力を養うことができます。
また、移動稽古やすもうなどで足腰が鍛えられ、バランス感覚も養われることで他のスポーツも上達します。

少年部稽古風景

・準備体操
その場で、突きや蹴りを連続して繰り出します。
正しいフォームを身につけるための稽古です。
大道塾での打撃の基本となる技術を身につけます。

・移動稽古
基本稽古で身につけた打撃を移動しながら、出せるようにするための稽古です。

単発の攻撃から、3連打、4連打のコンビネーション攻撃できるように稽古します。

移動しながら打撃を行うことでバランス感覚も養われます。

・基本稽古
その場で、突きや蹴りを連続して繰り出します。
正しいフォームを身につけるための稽古です。
大道塾での打撃の基本となる技術を身につけます。

・移動稽古
基本稽古で身につけた打撃を移動しながら、出せるようにするための稽古です。

単発の攻撃から、3連打、4連打のコンビネーション攻撃できるように稽古します。

移動しながら打撃を行うことでバランス感覚も養われます。


・約束組み手

拳サポーターとすねサポーターを着用して稽古を行う対人の稽古です。

お互いに攻撃パターンを決めて打撃を当てます。(目一杯の力で攻撃はしません)

相手の攻撃に対する防御の稽古も行います。


・スパーリング
拳サポーターとすねサポーターを着用して稽古を行う対人の稽古です。

基本稽古や移動稽古、約束組み手で稽古した内容をお互いに自由に技を出し合って、稽古します。

子供の体格や稽古の錬度を考慮して対戦相手や、練習ラウンド数を調整します。

・ミット稽古

突きや蹴りを正確に強く打ち出す稽古です。

基本稽古で身につけたフォームでしっかりとした技を出せるように稽古します。

(一般部で選手が行うようなスタミナをつけるためのミット打ちではありません。)


・すもう

取っ組み合いになった場合に、容易に倒されないための稽古としてすもうを行います。

すもうにより、体力とねばりのある足腰の鍛錬を行います。
また、バランス感覚も強化されます。

また、投げに備え受身を覚えることで日常生活で転んだりした場合に大怪我をふせぐことができます。


TOPページへ戻る


inserted by FC2 system